FC2ブログ

小さな村の農業と日本と貿易

小さな村の農業を通して村の生活と地域の再生にかかわっていきたい。明日の日本を支える若者たちに海外の魅力とパワーを伝え、がんばる日本を応援したい。

幸せになろうよ

ー 幸せになろうよ ー

幸せになりたい

幸せ?

幸せっていったいなんだろう?


学生時代からの夢

お金に苦労しないようになりたい

社長になりたい

お金のことは、両親が毎日お金のことで喧嘩していた

罵りあい、大きな声をあげていた

小さな時から、それを聞きながら恐怖の中で眠りについていた

それが原因で、PTSDになった

いまでも、人の怒鳴り声を聞くと動機がして手が震え動けなくなる


喧嘩の原因は、お金がないことだと信じ

お金持ちになるには社長になること

20代で社長になり、値札を見なくてほしいものが買えるようになった

お金はあるが、自分の家族はズタズタだった

夫婦喧嘩が絶え間なく

これは、自分が意図するものじゃない

そりゃそうだろう、毎日夫婦喧嘩している中で大きくなって

夫婦円満を願うが、経験がないため育む方法を知らない

夫婦円満になりたいが、両親のように喧嘩の毎日で幸せとはかけ離れた生活になってしまった



幸せになりたい

お金があれば、幸せになれるは、私の場合は少し違っていたと気づいたのが 40代

幸いにも、お金が無くなった

仕事が100%ない

リーマンショックの影響で、貿易が全てストップした

現状を理解するには相当な時間がかかった

今相変わらずお金はないが、幸せになった

夫婦円満

子供たちは、独立し

孫も出来た


両親が、お金のことで経過していたのは なんなんだろう

それが、問題では無かったのだろう

現状を把握し、問題に向き合い

責任転嫁せず

相手を責めない

自分で出来ることをし

協力を要請は、しても決して強制はしない

協力を頂ければ、感謝しいたわる

いいことになれば、相手のおかげ

悪いことは、自分の至らなさと捉え、反省して改善をする


でも、決して自分を責めないで

私のように精神疾患になるから


今、お金があれば幸せのボリュームが増えるのになと思う

でも、これでいい

本当に必要な時には、きっと出来ると信じているから


幸せの基準は、人によって違うでしょうが

まず、それを得ることに行動してみれば

想像していたものと違うことに出会うかもしれない

でも、追い求めていれば掴むことが出来ると思いますよ
スポンサーサイト
  1. 2019/08/10(土) 04:35:28|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:57

農村が抱える問題

- 農村が抱える問題 ー

小子高齢化

今更でもないが、これがどうして問題なのか?

農村にとっては一番の問題である

農村の一年は、農業に付随した生活で お米を作る為には、水や農道の管理 イノシシや鹿などの対策が増えている

年4回前後の普請

普請といって、村人を総動員しての水路際や農道の修理や草刈

それ以外に個別や村役員たちの作業

繁盛記には、毎日といって良いほど田んぼに出かけ作業をする


人数が減り、高齢化になれば個別の作業範囲が増え、池や川の堤防など斜面の草刈が出来なくなる

休耕田が増え、池は荒れ決壊などの災害の危険も増す

緑豊かな景観も、うっそうと草が生い茂り毒蛇や蜂の巣が出来近寄れなくなる


こんな故郷を想像したとき、なんともさびしい気分になる

10年ほど前から交付されている国の政策も、新しい局面を向え多機能で使えるようになった

これを有効活用しない手はない


少子高齢化

現実を受け止め今出来ることはないか

機械化

作業の軽減と村人の負担を少なくする為

作業は機械中心でやろう

ダンプやユンボ、乗用草刈機にハンマーナイフ

別にすぐに買わなくても、行政の貸し出しや知り合いやレンタルを使えば少ない予算で作業を済ますことができる

簡単に手に入れたものは、感謝や感動がすくないが 考え築き上げたものには愛情と感謝が生まれる


一見ありがたい交付金制度だが、使う人の想いが違うと

村の問題を村に預け、お金でことを済まそうとする国と不平不満で本末転倒になりかねない

想いのある人が集まれば

問題が問題でなくなる

いざチャレンジ


  1. 2019/08/08(木) 04:28:41|
  2. 我が村 故郷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめてネット詐欺に遭いました!!

ー はじめてネット詐欺に遭いました ー

パソコンの中国製の電源アダプターが使えなくなったので、ネットで検索

一番安いものを見つけたので、いつも買う感覚で注文して即日振り込みをしました。

何か胸騒ぎがして、もう一度サイトを確認すると何やらおかしい!!!

全て翻訳ソフトで作られたページ

会社概要には、連絡先、住所など特定出来るものは記載なし

唯一メールアドレスがあったものの、再三連絡するも返事が無い


翌日、サイバー警察に通報

同日、銀行に口座凍結を依頼

サイバー被害救済について相談するも、凍結口座の残高と被害者数と被害金額に応じて弁済がある

かもしれないという


通販で買うのが常で、リスクの感覚がマヒをしていた

サイトや運営者

サイトの評価を調べることを怠らない

少々苦い経験の3,160円

金額の問題ではなく、常に危機管理意識をもって、ものにあたりたいと初心に戻って考えた出来ごと



  1. 2019/02/15(金) 09:49:21|
  2. 貿易国内活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:33

家族の健康と幸せを祈って ”とんど作り”

三が日も終わり、通常モードに移行するために心と体をほぐしています。

子供たちも一人ずつ帰っていき、いつもの静かな我が家を楽しんでいます。
遠く離れている子供たちや孫に、今年の健康と幸せを祈るのは、親であればだれしものことだと思います。

私ができる 想いを形にすることは

とんど作り

今では、SNSのおかげでネットが繋がる環境であれば世界のどこにいても伝えられる

ありがたい世の中になったものだと感謝しています


家族の名前を半紙に筆で書き

天高く燃やして飛ばします

2019とんど2 2019とんど1 



15日火入れをします

都会では、したくても場所や条例の問題で出来ないところが多いとおもいます

離れた家族や子供たちの今年の成長を願い いっしょに焚きつけをします

料金はいりません

15日までに 我が家に 送って頂ければ結構です

様子は、ブログやフェーズブックやインスタグラム、ユーチューブ LINEに投稿いたします

遠く離れていても想いは一つ


<< 送り先 >>
675-1309 兵庫県小野市福住町247-38
株式会社井上通商
”我が家”
井上 始
inoue213@hotmail.com

  1. 2019/01/05(土) 11:48:26|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

2019年 お正月

2019年新しい年が始まりました。

村の お堂の当番があたっており、年末からお正月の準備をしました。

門松や飾り、掃除にお供えの料理 31日夜までかかりましたがなんとかできました。

1歳の孫に、お餅つきを体験させるのに帰省にあわせ31日

我が家では、私が生まれる前から お餅つきは杵と臼でつきます。

記憶では、杵は2代目 臼は3代目

臼は、木の臼が古くなり石の臼に替えたのだが、餅がすぐに冷めるので、また木の臼に

替えたと父親から聞かされたことを覚えている

まだ私が小学校ぐらいだったと思う

それから今でも使っている木の臼は、割れや虫食いがあり替え時になっているが

替えるのは寂しい気がして年末に自分で修理をしようと思ったけれど使えなくなる心配が

あったので、ボロボロのまま使い この一年で修理をしようと思う。


4人いる子供たちは皆外に出ている

結婚して家庭を持っているのは2人

子供もいる

普段は私たち二人の田舎の家に、お正月は11人が集う

にぎやかなお餅つき

汗が出るほど体力を使うお餅つき

でも、これがいい

楽で簡単を進歩と捉えるなら

私は進歩をしなくてもいい

楽と簡単

自分で作る進歩ならいいが

お金で買う楽と簡単には、感謝が薄い

感謝がなければ、不平や不満がついてくる

2019年

自己完結


今年も健康で楽しく感謝して過ごせますよいうに


  1. 2019/01/03(木) 07:28:46|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
次のページ